ちょっと具合が悪くなって、一日中寝室から出ない日が続いた。
ベッドに伏せてiPad miniでネットを見て過ごしていた。
それで気づいたのだが、iPad mini、というか、タブレットデバイスは結構使いにくい。
基本、ブラウザーでWebを見ている。
すると、以下の3つの動作を行う。

 ・画面をこすって(スワイプして)スクロールする
 ・画面を押して(タップして)リンクを開く
 ・画面を長押しして、テキストを選択する

例えばiPhoneの「Twitter公式アプリ」がそうである。
タイムラインを表面的にざーっとなぜているとスクロールする。
特定の記事をポンと押すと拡大する。
文字列を選択するのも別の動作が必要になる。

これらはすべて、画面を指で押すという動作には違いない。

押してすぐに上下に動かすとスワイプ、押してすぐに放すとタップ、しばらく押していると長押し、という風に、デバイス側で判断している。

パソコン、携帯といったデジタルガジェットはすべて、順番に何かをすれば決まった動作が起きる、という、ロジカルで決まりきったところが特長である。
なんでも順番にやれば出来るから、一度順番さえ覚えてしまえば使えるのが、気楽でいい。
そう思っていた。

ところが実際には、触る時間とか、タイミングとか、すごくアナログ的なものに(時間も量子化されているから、実際にはデジタルだが)捉われるということが分かった。

ぼくはiPadなんかほぼ出た時に買っているから、もし世界が100人の村だったらiPadを使っているトップ5に確実にはいるぐらいiPadを使っている方だろう。
にも関わらず、こんな基本的なことに改めて悩む。
ふだんからこの動作の不規則性はなんとなく気づいていたが、元気なときはそれほど気にならなかったのであろう。

ぼくは本職がITだから当然だが、超IT推しである。
本は全部電子書籍になってしまえばいいと思うし、音楽は全部ダウンロード販売になって欲しい。連絡は全部電子化したい。
そう思っていた。
にも関わらず、どうもIT化すれば世の中が明るくなるかというと、そうでもないらしいような気がしてきたのだ。

もっとひどいのが駅のタッチパネル式券売機である。

20140303Butten_select

上は東横線/みなとみらい線の横浜駅の券売機であるが、まず東横線側(上り。渋谷、池袋、保谷市、森林公園方向)に行くのか、みなとみらい線側(下り。みなとみらい、元町・中華街方向)に行くのか選択させられる。
これ、東横線内であれば、渋谷に行くにしても元町・中華街に行くにしてもこの画面を介さない。同様にみなとみらい、馬車道、元町・中華街でも上の画面は出てこない。
横浜だけが選択が一段多いわけである。
これが使いにくい。
ICカード(PASMO)は改札口でどっちに乗るか意思表示をしなくてもいいわけで、理屈に合わない気がする。
券売機設置者の手抜きに思える。

ちなみに東急の定期券の購入画面がバグっている。

20140303Butten_out

見づらいが、緑色の「確認」ボタンの下に黄色いボタンの破片が見える。
たぶん「取り消し」ボタンだと思うが、表示されていず、押すこともできない。
(実際には「取り消し」というハードウェアキーを押すとすべての取り引きをご破産にすることはできる)
こんなの、誰もテストしていないのだろうか。
何年も放置されている。

iPadやiPhoneなどのデバイス、Windows 8などのOSの基本部分は超一流のデザイナーがテストを重ねて作っているから、さすがに使いやすい。
しかし、ユーザーアプリは寿命が短く、予算が掛けられないために明らかに場当たり的なデザインが多い。
Appleは垂直統合型なのでUXが統一していると言われるが、世間にあふれているタッチデバイスはデザインが無法状態である。

もっとさらにひどいのがWeb画面である。
いちばんひどいのが「2chまとめブログ」のリンク集であろう。
そんなの見てる方が悪い、と言われるかもしれないが、病気で寝ているとついつい見てしまう。
ああいうのは素人が作っている。
全然UXが整理統合されていないのである。

JavaScriptのバナー広告が記事をさえぎる形で出てくる。
半透明な「☓×」ボタンを押して消そうとすると、その下のリンクに飛んだりする。
場合によってはバナー広告を選択したことになって、AppStoreが起動して何らかのアプリをインストールさせようとする場合もある。

なぜこんなに使いにくい画面が世にあふれているのだろうか。

 ・少ない予算で、一過性のアプリが、場当たり的に作られている
 ・素人が作っていて、整理されていない

だけでなくもう一つ、

 ・誤動作によって小銭を稼ごうと思っている

というものもあるだろう。

複雑なことが分からないのは、頭が悪いせいだと思っていたが、こういうのが使いこなせなくても、こちらのせいではないと思えてきた。
複雑なのではなく煩雑なのである。
ITが広まれば広まるほど、世の中の生産性が上がると思っていたが、そうでもないらしい。
ありきたりな感想だが、お年寄りとか、目が不自由な方とか、どうしてるんだろう。