イジハピ!

TwitterID:@query1000こと深沢千尋のブログです。
You're not like me so I like you ♡
さいきんブログの評判が意外と気になるようになってきました。
読んで気に入った人はTwitter、Facebook、コメントで反応ください!

吾は如何にして兼業ライターとなりし乎

【第1144回】【雑談】「デジタル読書ってこんなに楽しい! ライトニングトーク大会」に参加した

もうだいぶ前の話になるが、昨年の9月末に、渋谷で開かれた、NPO法人日本独立作家同盟主催のイベント「デジタル読書ってこんなに楽しい! ライトニングトーク大会」に参加した。

電子書籍端末kindleとAtelier Popolo作品

日本独立作家同盟は、主に作家が集まって作った組織で、今のところ電子書籍自主出版の啓蒙、普及に力を入れているようだ。
今回のイベントも、KindleやKobo、iPhoneやパソコンで電子書籍を読むことが、紙の書籍に比べてどう楽しいかということを、みんなで語り合うイベントだった。
ライトニングトークというのは、主にコンピューターのコンベンションで使われる言葉だが、稲妻のように短い時間(おもに5分ぐらい)で言いたいことをババッというイベントだ。

ぼくは頼まれたわけではなく、自分で話したいから参加しますと言ってエントリーした。
しゃべると入場料が無料になる。
茶菓もついて、他の方のトークも聞けて、大変楽しかった。

この日のトークの内容を、すべて書き起こししているサイトがあるので、興味ある方はお読みください。
濃いよ。

第1回 デジタル読書ってこんなに楽しい! ライトニングトーク大会書き起こし

読み返して思うのは、カバンが軽くなる、古い本が絶版せずに残っているという「総論」から、Kindleがいい、Koboも意外にイイという「各論」まで、いろいろな視点があって面白いということだ。
一人の人が全部語ろうとしても、けっきょく偏ってしまうので、だったら大勢の人が5分ずつ、10何個も論を戦わせたほうが、全体像が浮かび上がってきて面白い。

ぼくはというとこのブログ「イジハピ!」でも何回か語っているが、「自炊」について語っている。
上のブログでも文字起こしされているし、YouTubeに動画も上がっている。
暇でしょうがなかったら見てください。



「自炊している本をどうしているか教えたい」 深沢千尋 第1回 デジタル読書ってこんなに楽しい! ライトニングトーク大会

自炊、それは一人暮らしの人が自分用にごはんを作ること、ではなく、本を断裁機でバラしてスキャナーで電子化し、強引に電子書籍にすることだ。

以前は本を千冊以上も所有していて、壁一面本棚で、部屋が狭くてひいひい言っていたが、全部自炊してしまった。
今も電子書籍で出ない本というのはあって、買ったら断裁してスキャンしている。

アマゾンなどで古本が1円で売っている。
じっさいには送料が掛かって3百円デコボコだが、それでも安い。
そんなの、いぜんは買っても読まないし、置き場所がないし…と思っていたが、今は「なくなる前に…」と思って買い込んで、バラしてスキャンしてしまう。
クラウドに何千冊も本がある。
楽しい。

この「自炊」、昔は一時的に流行っていたが、さいきんは下火だそうだ。
まあそうだろうな、と思う。
まあメンドクサイし、こんなこと変わった人しかやらないのだ。
どうせ本は電子が中心になるので、過渡期の、うたかたの趣味であろう。
でも、この過渡期がそうとう長くなると思われる。
電子書籍も思ったほどブレイクしないから、紙でしか出ない本が多いのである。
では紙書籍は売れているかというと、そっちもすごいスピードで売り上げが落ちているそうだ。
どうなるんだろうね。

なんか期せずして暗い文章になってしまったが、たまにイベントなんか参加すると、面白い人がいっぱい集まってきて、みんな本好きだし、本当に楽しかった。





【第684回】漢字にするか「ひらく」か

漢字と仮名についてぼくが理解しているのは以下のようなことである。
日本人はもともと日本語は持っていたが字は持っていなかった。
中国から漢字が伝来して、最初は日本人は喋り言葉では日本語を使っていたが、文章は「出前迅速、落書無用」的な擬似漢文を書いていた。
そのうち「奈尓波ツ尓昨久矢己乃波奈」のように漢字の音を借りて日本語の音を写す万葉仮名が出来て、これが仮名の始まりである。
これに対して漢字のことを真名と言っていた。
真名と仮名を総称した字のことを名と言っていた。
そのうち万葉仮名は崩れて平仮名、片仮名となった。
「以」が「い」になったように文字全体を平易な形にして(ひらいて)作ったのが平仮名。
「伊」が「イ」になったように文字の一部を断片的に取って作ったのが片仮名。

Manyoshu Aigami vol9 p2
続きを読む

【第391回】リニューアルかリニューワルか

以前も同じお題で書いたが、カタカナ語を日本語の文章に入れるときはどうするか悩む。
前回は動詞と名詞をどうするかで悩んだ。
具体的にはシリアライズとシリアライゼーション、ローカライズとローカリゼーションのような言葉を、どっちかに統一するか、両方使うかだ。
あと、「いまの若者のリアル」と言った、形容詞realをあえて名詞的に使う用法も気になる、といったことを書いた。

今日は発音のことだ。

Plato-raphael
続きを読む

【第378回】ぼくは小説が書けない

ぼくぐらい字をたくさん書いていて、いろいろ物を考えていたら、やはり最終的に書きたいのは小説である。
別に芥川賞、直木賞を取れなくてもいいし、新人賞も取れなくていい。
ネットで発表する手もあるし、KDP(Kindle Direct Publishing)というワザもある。

続きを読む

【第352回】翔泳社『開発の現場』の思い出

ということで、昨日はひさびさに雑誌の仕事、Software Design誌の仕事を取り上げたのだが、それで過去の雑誌の仕事を思い出したのでここで記録を兼ねて紹介しておく。

pinkRose
続きを読む
プロフィール

query1000

THE BOOKS
New!













最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
sponsored link
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: