iPhoneの弱点は電池だ。


普通の携帯は3日にいっぺん充電するとか、一週間は持つ、とか言うのだが、iPhoneは確実に1日に1回充電しないと持たない。
朝満タンで、夜の9時ごろにはそろそろ不安になってくる。
使い方が悪いのかもしれない。
ぼくは常に音楽を聴いているし(高レートでエンコーディングした音楽を聴いていると電池が減る。多量の信号を処理するからだろう)位置情報も常に追尾しておきたい方だ。
WiFiやBluetoothもつい付けっぱなしのことがよくある。
減って当然だ。

夜寝るとき充電して、朝満タンにしている。
寝入りばなも音楽を聴いているし、朝も音楽で起きたい方だからこうするしかない。
付けっぱなしは過充電になり、バッテリーの寿命を損ねると言うが、今時の充電池は賢いのでそんなことはないだろう。

夜遊びに行く時は、午後に会社で充電することもある。
1日2回充電しているわけで、これはやり過ぎだ。

さて、1日中外出していた場合は、バッテリーが切れることがままある。
この場合に活躍するのが携帯用充電池だ。
最初は、充電池付きバッテリーカバー、juice pack plusというのを気に入っていた。



これはとりあえず、充電池という荷物を増やさないでいい。
Dockコネクタも覆われる。
で、秀逸なのがmicroUSBポートがついていて、そこから充電はおろかiTunesの同期も出来るようになるのである。
あと、細かいことだが、マイクとヘッドホンの音がダクトになっていて、前から音が出るので、音がデカく、良くなる。
カラリングが豊富なのもよい。
ぼくは白や黒にすると、本体がデカくなったようでイヤなので、赤や青の派手なものにしていた。
問題はガッツリ大きく、重くなることだが、この辺は好みだと思う。
重くなってもいい!と思う人は、これはすぐれた製品だから買ってほしい。

さて、ぼくは1日2回充電できるし(するのを厭わないし)バッテリーはあくまで非常用なので、ほどなく使うのをやめてしまった。
次に触指を伸ばしたのがこれである。



この製品のすぐれたところは、本体にACプラグがついていることだ。
直接コンセントで充電できる。

専用コードやACアダプターは本当に邪魔だ。
家に置いて管理するだけでも大儀なのに、持ち歩くなんて考えられない。
その点これは、直接充電できるのがよい。

バッテリーから本体はUSB<=>Dockコネクターのコードを使う。
これは何かと使うものなので、持ち歩いても苦にならないし、家にも職場にも予備が置いてある。

充電しながら使うときはカバンにバッテリーを入れて、コードを出し、本体につないで使う。
充電しながら使うのは良くないという話だが、あまり気にしていない。

コードがないといえば、バッテリーに直接Dockコネクターが付いているパターンもある。



これはさっき書いたが、ちょっと苦手だ。
充電するのに専用コードがいる。
上の製品の場合はUSBマイクロコードでいいようだが、iPhoneと互換性がなく、バッテリー用にさらにコードを持ち歩かなければならない(そして、何ならAC<=>USB変換アダプタも必要)というのは大儀である。
そして、充電中はiPhoneが大きくなる。
上の製品はそれでも小さいようだが、持ちにくくなるのである。

さて、ずっとInfinityを運用していたが、だんだん面倒になってきた。
・重い
・iPhoneの他にInfinityも充電を管理しなければならない
ということである。
ぼくのパターンだとめったに充電池を使わないのに、これだけ苦労するのは大儀である。

前置きが長くなったが、ぼくは結局乾電池式のに切り替えた。



これだと、普段は乾電池を持ち歩かなくてもいいので、劇的に軽い。
使うときは乾電池をコンビニで買えばいいのである。
ハンディだ。
何なら充電器も最近はiPhone用がコンビニで売っているので、それを買ってもいいのだが、千円ぐらいするので、充電器は持ち歩くことにしている。
軽くて超便利である。

問題は、乾電池を使うのがあまりエコではないということと、コンビニで乾電池を買うと高いということだ。

乾電池はヨドバシなので何十本を買うのと、コンビニで2本だけ買うのは全然値段が違う。
ヨドバシでは20本で1000円(1本50円)のものが、4本で500円(1本125円)ほどもする。

だったら乾電池を買いだめして持ち歩けばいいのだが、重い。
エネループを使えばエコというのは分かっているが、これも重いのだ。
普段ノートパソコンを持ち歩くような人であれば、電池ぐらい荷物が増えるのも気にならないと思うが、ぼくはミニショルダー1個でどこにでも行きたい方なので、電池の重さは応える。
出先にダイソーなどがあれば、安い電池が買えるので、買うようにしている。
これは4本で100円で、ヨドバシより全然安い。

コンビニは空っぽのエネループを引き取って、保証金を返してくれるか、手数料を払えば満充電のエネループを渡してくれるビジネスを始めたらどうだろうか。

Subscribe with livedoor Reader
Add to Google
RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加