iPod、iTunesなどで音楽を聴くと便利なのが、曲に題名だけでなくアーティスト、アルバムの情報が入っていることだ。
同じアーティストの曲をシャッフルして聴けたり、アルバム単位でリピートしたりが容易にできる。
ところが、コンピレーションアルバムの場合は、デフォルトではこれがうまくいかない。
コンピレーションアルバムとは、組み立てて(compile)して作ったアルバムということで、「1980年のヒット曲集」などの企画モノなどが多い。

このコンピレーションアルバムは、とうぜん曲ごとにアーティストが違う。
すると、同じアルバムに入っていても、iTunesでは別のアルバム扱いになってしまうのだ。

iTunesは
 あるアーティストの>あるアルバムの>ある曲
という感じにツリー状に情報を管理しているらしく、アーティストが変わった同じアルバム、というのを、デフォルトでは認識できないのだ。

20161001_itunes

画面では、アレステッド・ディヴェロップメントの「ザ・ヒーローズ・オヴ・ザ・ハーヴェスト」というアルバムが、7分裂している。
6曲が「アレステッド・ディヴェロップメント、フィーチャリング・だれだれ」みたいにゲスト・アーティストが入っているので、違うアルバムとして認識されているのだ。
困る。
この場合の修正法を、フェイスブックで森卓司さんからご教示賜った。
7つのアイテムを編集して、以下のいずれかを行う。

 *アルバム・アーティストを統一する
 *「コンピレーション」をオンにする。

以下のように作業を行う。

まず、7つのアイテムを同時に選ぶ。
Ctrlキーを押しながら7つクリックすればいい。
で、うちのひとつを右クリックして「プロパティ」を選ぶ。

すると「複数の項目の情報を編集してもよろしいですか?」と確認されるので「項目を編集」をクリックする。
そのとき「次回から確認しない」をチェックオンすると次回から確認されないらしいが、まあこれはうっかり複数の項目を編集しちゃうこともあるかもしれないのでオフのまま進む。
すると「7組のアーティストを選択 The heroes of The Harvest」というプロパティボックスが表示される。

20161001_itunes2

ここで「アルバムアーティスト」というボックスがある。
CDから単純にインポートすると、ここが空欄になる。
空欄の場合、アーティストがそのまま適用されるようだ。
このボックスでは、7つのアイテムを同時選択したから「アーティスト」欄は「ミックス」になっているが、単独アイテムの場合はそれぞれのアーティスト名が入っている。
このために、7つのアイテムが泣き別れになってしまう。
ここで、7つのアイテムに同じ「アルバムアーティスト」を適用する。
「アレステッド・ディヴェロップメント」でもいいし、「あああ」でも「あ」でもいいはずだ。
ただし空欄はダメである。

もう一つは、下の「コンピレーション□さまざまなアーティストの曲のコンピレーションアルバム」というボックスがある。
ここをチェックオンして、「OK」をクリックする。
すると7つのアイテムが同じコンピレーションアルバムであることが認識される。
今回はこれを選んだ。

すると、7つのアイテムが見事に融合し、ゲスト入りの6曲を含む20曲のアルバムになる。

20161001_itunes3

これだけのことをするのにエライ騒ぎである。

それにしても、同じ物理CDから複数のアーティストの曲をインポートするときは、コンピレーションであると、なぜiTunes側で認識してくれないんだろうか。
不便だ。

この仕様、前からだったらしいが、なぜ気づかなかったのだろうか。
それはiTunesのUXが変わったからである。

昔はiTunesといえば、単に1つのiPod、1つのiTunes Libraryを表示するファイル・マネージャーという感じで、上にカラムがついていた。
で、このカラムでアルバム名でソートすると、コンピレーションであろうが、同じ並びに寄ったので、それを順に再生すれば良かったのである。
この仕様はまことに便利であって、曲名でソートすれば、たとえば同じ「Directions」という曲名でマイルスの全バージョン、ウェザー・リポートの全バージョン、ザヴィヌルのソロの全バージョンが寄ったのである。
これを順に聞くのが楽しみだった。

ところが、最近のiTunesは妙にヴィジュアルになって、For YouとかRadioとか妙なタブが増えた代わりに、昔のファイル・マネージャー風のUIがなくなったのである。
出し方を知らないだけかもしれないが。

(※2016-10-03注記:
 この問題、本当にぼくが「出し方を知らないだけ」だった。
 表示メニューで「サイドバーを表示する」を選択してサイドバーというのを表示し、
 ライブラリ>曲を選択すれば、ぼくのいわゆる
 「昔のファイルマネージャー風のUI」になる。
 ここで、メニューバーから表示>並べ替えを選べば、アルバム順も、曲順も思いのままだ。
 スミマセンでした。。)

最新のiTunesは一部のフォントがいわゆる「中華フォント」になっている。
これも気持ち悪い。

20161001_itunes4

iPhoneのミュージックプレイヤーもApple Musicと融合してからどんどん使いづらくなっている。
なんとかして欲しい。