すげえ中途半端な記事なので最後まで読むとガッカリするかもしれません。
Japanese Pearl
以前書いたけど、use utf8状態でPerlを使うと、変数名に日本語を使える。

イジハピ! : 【第383回】Perlのuse utf8で日本語の変数名が作れるが・・・

ただこれが、漢字、ひらがな、カタカナなどだけで、【】とかはカッコ記号であると認識して使えない。

でも、日本語で変数を使おうという気が、積極的に起きない。
Perlが好きな理由の一つが、英語できめ細かい表現が出来ることで、ifの反対はunlessとか、&&や||や!の代わりにand、or、notとか、後置式のif文とか、for文、while文などが使える。
よくPerlは回線ノイズとか宇宙語とか言われるし、たしかにそういう風にも書けるけど、凝ると英語の文章としか思えないような美しいプログラムも書ける。
何なら詩も書ける。

Perl Poetry (Programming Perl)

なので、組み込みの演算子や関数が日本語で書けない以上、変数も英語の方が読みやすいのでそうしている。

例外的にいいかもと思ったのが、先週考えた、ひらがな1文字が$ぁとか、漢字1文字が$漢とかいう、qr//を使った正規表現である。

イジハピ! : 【第588回】UnicodeプロパティとPerl正規表現(その4:自作プロパティとクォート正規表現)

さて、他に日本語使ってもいいかなと思ったのは、qr//、m//、s///の区切り文字である。

これ、デフォルトではスラッシュを使う。
スラッシュの場合はマッチ演算子でmを省略できるが、スラッシュを含む文字列を検索/置換するときが見づらい。
検索/置換に使うスラッシュをバックスラッシュでエスケープしないといけない。
s/\/\/(.*)$/\/\*\1\*\//; # C++の//〜形式のコメントを/*〜*/式に変換する
めっちゃ見づらい。そこで、sの後ろに今回使いたい区切り文字を書くと、スラッシュはエスケープしなくても済むようになる。
s|//(.*)$|/\*\1\*/|; # C++の//〜形式のコメントを/*〜*/式に変換する
だいぶ見やすくなる。s{検索文字列}{置換文字列}とか、s[検索文字列][置換文字列]のように、対応するカッコを使ってもいい。これは長い文字列を書くときに、2行に分けられて便利だ。
s{/usr/local/nantoka/kantoka/nagai/directory/filename}
 {C:\Users\nantoka\kantoka\nagai\folder\filename};
上下に比較しながら見られるのが見やすい気がする。

この区切り文字を、何にするか悩む。
どの文字にしようが、結局、正規表現メタ文字とカブるので見づらくなってしまうのである。
上で|を使ったが、これも選択の|とカブるので良くない。

『Perlベストプラクティス』では、可能な限りデフォルトの//にして、だめならブレース{}{}にせよと書いてある。

でもちょっと、と思う。
/はパス区切り文字にカブするし、{}はプログラムのブレースとかぶる。
なんだかんだ言ってPerlの正規表現でパースしたい文書はPerlのプログラムが一番多いので、難しいのである。

で、これを、日本語文字にすればいいのではないかとふと思った。
ローカルルールで、その字は検索置換にしか使わないことにする。
こんな字はデータの中にもまず出てこない。
s■//(.*)$■/\*\1\*/■; # C++の//〜形式のコメントを/*〜*/式に変換する
どうですか。意外と見やすいのではないだろうか。
何より、Perlや正規表現のメタ文字と絶対カブらないので、安心して書ける。

それで、長い正規表現は、カッコ記号で囲めばいいのではないだろうか、とも思った。
変数名に使えない以上、Perlは、たとえば【】が対応するカッコ記号であるという認識があるので、それを使うというのはどうだろうか。
s【/usr/local/nantoka/kantoka/nagai/directory/filename】
 【C:\Users\nantoka\kantoka\nagai\folder\filename】;
結構カッコ良くないですか。
カッコだけに。
でもこれが使えないのである。
Search pattern not terminatedと怒られる。
カッコとその終わりを認識できないようである。

ううーん残念。