都知事選が原発で盛り上がっている。
同時に、「原発は国政の問題であって、地方選の議題になりえない」と言う意見もある。

たしかに日本が原発を推進するかどうかは国政問題であって、また地方に原発を建てるかどうかはその地方の問題である。
では都知事選で原発の話をしてはいけないかというと、別にしてもいいと思う。
Nuclear Power Plant Cattenom
東京都知事が脱原発のために出来ることはいくらでもある。

たとえば脱原発のための科学技術の開発である。
これは、太陽光や風力のような自然エネルギーだけではない。
スマート・グリッドのような節電技術もある。
水や酸化マグネシウムを電気分解して電気を貯める方法もある。
なんなら軌道エレベーターで宇宙に行って発電するようなテクノロジーも、実現はずいぶん先の話かもしれないが、今のうちから研究すれば良い。
グッと現実的なところで、シェールオイルやメタンハイドレートによる発電もある。
あと、そもそもの原発推進の大義名分としての地球温暖化が本当かどうか検証するのも良い。

日本政府が国策として原発推進をしているのであれば、こういう研究は日本ではしにくいと思う。
もし、仮に、日本政府が電気だけではなく原爆開発のために原発を推進しているのであればなおさらだ。
国策に反する技術を真剣に開発しても、政財界がお金を出してくれるかもわからないし、なんなら弾圧されたり、おもむろにタクシーを乗車拒否されたりするかもしれない。

脱原発主張する衆院議員の配車拒否したタクシー : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

トップレベルの科学者であれば食うには困らないので、とっとと頭脳流出して外国に行ってしまう。
これは保守的な人であっても、日本にとって困った事態だと思うであろう。
たとえ国策として原発を推進するとしても、脱原発技術は脱原発技術で持っておいた方が良い。
知識それじしんは有益なものなのである。

次に代替発電所の建設である。
よく脱原発に反対する言辞として、単位エネルギー当たりの人が死ぬ数は原発より火発の方が多いというのがある。
なら火発は火発で安全なのを作ればいいのではないだろうか。
たとえ原発が残ったとしても、安全な火発があって損をすることはない。
どっちが安全で効率がいいか、勝負だ!
そう思えば良い。

次に節電である。
ぱーぱー電気を使っている施設を調査し、無駄は避ければ良い。
電灯はLEDにすれば良い。
これも、繰り返しになるが、別に原発の是非云々に関係なく、ふだんからやっておいた方がいいことなのである。

屋根に載せる太陽電池を配るだけでも良い。
小規模太陽電池は効率が悪いと言われるが、電気代は夏の昼間、甲子園の第一試合をするときに一番掛かるそうである。
それが、冷房が必要な、まさにその暑い建物に降り注ぐ真夏の太陽で発電するんだから、意外と効率的なのではないだろうか。

すぐに「原発を止めれば病院の電気が止まって人が死ぬ」とか「江戸時代に戻って人が死ぬ」という人がいる。
これは反原発の人の、「1ベクレルでも吸い込めば人が死ぬ」というのと同じで、恐怖デマだ。
現実にいま原発が止まっている。
高度成長時代も原発なしだったのである。
もとより霞ヶ関の官庁は、東電から電気を買っていない。
エネットなどの水力、火力発電の電気を使っている。
霞ヶ関は東電から電気を買わない|河野太郎公式ブログ ごまめの歯ぎしり
あと六本木ヒルズは自前の発電機を持っているそうである。
六本木ヒルズは4万kwも発電できる。東電なくても無停電の理由。: 猪瀬直樹Blog
金持ちは、ガーガー言わなくてもひっそり脱原発し始めているのではないだろうか。

元首相の脱原発連合は「東京が原発の電気なしでも運営できることを証明する」と言っている。
東京といえばなまなかの国よりも大きい。
その巨大都市が矛盾なく脱原発できるかどうか、試す価値はある。
たとえできなくても、「現在の技術では出来なかった」という知見が得られる。
それだけでもいいのではないか。
「試すだけでも、試すと口にするだけでも罪悪だ」というのでは反知性的であり、生産的ではない。

また「エネルギーの地産地消を目指す」とも言っている。
現在の原発は、危険なので、人口が少なく貧しい田舎に立てている。
で、巨大な電線を引いて東京に持ってきているのである。
で、「東京は原発から遠く離れているから安全なのでオリンピックやりましょう」とか言っている。
これは差別の構造であると同時に、効率も悪い。
電線が伸びれば伸びるほど、エネルギーは失われ、電線の周りの空気を温めて地球の温暖化に寄与しているのである。

親原発技術者がやる気を出して、とんでもなく安全な原発を作ったのなら、それはそれで、誰でも言うことだが、首都圏に作れば良い。
皇居に作れとかアホみたいなことは言わないが、京浜工業地帯に作れば良い。
日本を縦断して電気を運ばなくていいのだから、効率がいいし、使う人がリスクも負うのが当然の姿である。
「ゴミ処理場が必要なのはわかるけど、うちの裏庭にだけは作らないで」という考え方をNIMBY(Not In My BackYard、ニンビー)と言うそうだが、それは人としてどうかと思うのである。

つい最近まで、圧倒的に強い与党の前に、ちょっと厭世的な感じになっていた。
そういう人多いんじゃないか。
それは、どの立場の人にとっても、良くないことだと思う。
でも、ここに来て都知事選が盛り上がってきた。
都会のサラリーマンは、税金がガラス張りで取られるわりに一票の重みも軽く、昔みたいに労組の力もないので、政治にコミット出来ないという無力感が大きい。
その状況に風穴が開いて、「俺にも言わせろ」「私にも言わせて」という機運が出てきたのは、保革問わず、日本全体にとっていいことではないだろうか。