前回の続き。
日本語1音の名詞を分類する試みとして、前回「酢」を分析した。

第1回では、「胃」(い)には以下のような特徴があると分かった。

 ・物体である
 ・自然に存在する
 ・世界に無数にある一般的なものの名前である
 ・一個の独立したものであるとも、連続したものの範囲であるとも言える
 ・より大きな別のものに従属したものとしてのみ存在する
 ・生命を持っている
 ・母体から切り離されると死ぬ
 ・母体に対してだいたい大きさの比率が決まっている
 ・母体の大きさによって絶対的な大きさはまちまちである
 ・人間にもある

第2回では、「鵜」(う)には以下のような特徴があると分かった。

 ・物体である
 ・自然に存在する
 ・世界に無数にある一般的なものの名前である
 ・生命を持っている
 ・一個の独立したものである
 ・空中を移動できる
 ・水上を速く移動できる
 ・独立して生きている
 ・種類の中でだいたい大きさが決まっている

第3回では、「絵」(え)には以下のような特徴があると分かった。

 ・情報であるか、その情報を定着させた物体(画材)である
 ・人工のものである
 ・目に見える(※「区」との区別のために追加)
 ・人間が鑑賞するためのものである
 ・世界に無数にある一般的なものの名前である
 ・一個の独立したものである
 ・生命を持っていない
 ・どんなに小さいことも、どんなに大きなこともある

第4回では、「尾」(お)には以下のような特徴があると分かった。

 ・物体である
 ・自然に存在する
 ・世界に無数にある一般的なものの名前である
 ・一個の独立したものであるとも、連続したものの範囲であるとも言える
 ・より大きな別のものに従属したものとしてのみ存在する
 ・生命を持っている
 ・母体から切り離されると死ぬ
 ・母体に対してだいたい大きさの比率が決まっている
 ・母体の大きさによって絶対的な大きさはまちまちである
 ・人間にはない

第5回では、「蚊」(か)には以下のような特徴があると分かった。

 ・物体である
 ・自然に存在する
 ・世界に無数にある一般的なものの名前である
 ・生命を持っている
 ・空中を移動できる(※木との区別のために必要)
 ・一個の独立したものである
 ・独立して生きている
 ・種類の中でだいたい大きさが決まっている
 ・羽毛がない

第6回では、「木」(き)には以下のような特徴があると分かった。

 ・物体である
 ・自然に存在する
 ・生命を持っている
 ・一個の独立したものである
 ・一か所に固定している(※蚊、鵜との区別のために必要)
 ・世界に無数にある一般的なものの名前である
 ・固い幹を持ち、何年も生き続け、毎年実が生る
 ・大きさがまちまちである

第7回では、「区」(く)には以下のような特徴があると分かった。

 ・情報である
 ・人工のものである
 ・目に見えない
 ・世界に無数にある一般的なものの名前である
 ・それ自身独立して存在しない
 ・ある決まりに従って決められらそのものを指す(※差とここが違う)
 ・生命を持っていない
 ・どんなに小さいことも、どんなに大きなこともある
 ・人為的なものであり、何を指すかはある人の勝手で決まる(※これは「差」にはなじまない)

第8回では、「毛」(け)には以下のような特徴があると分かった。

「毛」

 ・物体である
 ・自然に存在する
 ・世界に無数にある一般的なものの名前である
 ・一個の独立したものであるとも、連続したものの範囲であるとも言える
 ・より大きな別のものに従属したものとしてのみ存在する
 ・生物の一部としてへばりついているが、死んでいる(※尾と比較して特徴的)
 ・母体に対してだいたい大きさの比率が決まっている
 ・母体の大きさによって絶対的な大きさはまちまちである
 ・人間にも動物にもある(※尾と比較して特徴的)

そして第9回は、「差」(さ)には以下のような特徴があると分かった。

「差」(さ)

 ・情報である
 ・人工のものである
 ・目に見えない
 ・世界に無数にある一般的なものの名前である
 ・それ自身独立して存在しない
 ・2つのものの関係を指す(どちらか一方がなくなると消えてしまう)(※区とここが違う)
 ・生命を持っていない
 ・どんなに小さいことも、どんなに大きなこともある

そして第10回は、「死」(し)には以下のような特徴があると分かった。

「死」(し)

 ・現象である
 ・自然のものである
 ・世界に無数にある一般的なものの名前である
 ・それ自身独立して存在しない
 ・ある肉体に起きる現象、状態を指す

いまいち不十分な定義だが、これは「現象」というまったくの新ジャンルのためにこれぐらいでもう他の胃と鵜と絵と尾と蚊と木と区と毛と差との間に違いが生じてしまうのだ。
いろいろな現象について分類して行けばもっと死っぽい、死ならではの特徴が追加できるであろう。

そして第11回は、「酢」(す)には以下のような特徴があると分かった。
「酢」は「絵」と一番近いので、「絵」とのチガイから導いた。

「酢」(す)

 ・物体である
 ・人工のものである
 ・目に見える
 ・液体である<=ここが違う
 ・人間が食べるためのものである<=ここが違う
 ・世界に無数にある一般的なものの名前である
 ・生命を持っていない
 ・どんなに小さいことも、どんなに大きなこともある

でもこれだと液体の調味料が全部入ってしまう。
醤油、ソース、みりん、タバスコも同じ特徴を持っている。
これは「前に出てきた単語のどれと近いか、それとどういう差があるか」を考えてきた方式の弱点だ。
まあ先に進む。

ところで、先に物質と現象の違いについて考えた。

水は物質だが火は現象である、と言ったことだ。

絵は物質でもないし現象でもない。
情報である。
でも、「絵」という言葉を発するとき、絵を映している画材のことを差すこともある(「その絵をここに置いてください」と言う)。

先日、空から雨が降ってくるのを見ていて思ったのだが、「空」も「雨」も物質でも現象でもない。
「空」は地面以外のもの、地面の不在を差す。
ドーナツの「穴」に似ている。
でもわれわれは「空が変な色だ」とか「空がきれいだ」とか、明らかに物質とか空間のある区画のことを差す概念として「空」と言う言葉を使っている。

「雨」は物質だろうか。
雨が手について濡れてしまった、というのは、正確には雨水のことである。
雨は水が空から降る現象のことを差す。
でも「雨に濡れながら佇む人がいる」とか「雨が小粒の真珠なら、恋は小さなバラの花」などとも言う。
つまり雨水のことを雨とも言う。



物質、現象、情報、行動など、名詞はいくつのジャンルに分ければ必要最小限に網羅したといえるのだろうか。
これもゆくゆく考えたい。

さて、今回は「背」について考える。
Clara Bow portrait

この言葉はパッと浮かぶ意味が2つ以上ある。

普通に言うと人間の背面のことだ。
(背は背面のこと、というのは良くない説明のような気がするが)

もう一つは身長のことである。
あの人は背が高い、と言う。
実際には頭(の位置)が(立ったときに、地面に対して)高いと言うべきだが、頭(ず)が高い、と言うと違う意味になる。
背(せい)くらべ、と言う。
なぜだろうか。

古語としては兄という意味もある。
妹をイモ、兄をセと言う。

しかしここでは動物の後ろ側と言うことで書く。

もっとも、後ろ側なのは人間が前を向いて直立歩行しているからである。
人間の他に背という言葉を良く使う動物に馬があるが、馬の背は上側にある。
腹と反対側が背というべきだろう。
でも、腹はどっちかと言うと背の反対側と言うことになって、セットでないと説明が成り立たないことになる。
背骨がある側、ということでいいだろうか。

魚のような平面的な動物も腹開き背開き、という。
夏と言えば鰻だが、江戸前の鰻は、腹開きは切腹に通じるのを嫌って背開きにするそうだ。

過去に定義した言葉では、「尾」に一番近い。

「尾」(お)

 ・物体である
 ・自然に存在する
 ・世界に無数にある一般的なものの名前である
 ・一個の独立したものであるとも、連続したものの範囲であるとも言える
 ・より大きな別のものに従属したものとしてのみ存在する
 ・生命を持っている
 ・母体から切り離されると死ぬ
 ・母体に対してだいたい大きさの比率が決まっている
 ・母体の大きさによって絶対的な大きさはまちまちである
 ・人間にはない

でも「尾」や「胃」は物体であるが、「背」は物体であるだろうか。
どちらかというと「空」や「穴」と一緒で、相対的な位置関係、区分けした一部分を差す言葉のような気がする。

「背」(せ)

 ・動物の表面の一区画である<=新しく導入した
 ・自然に存在する
 ・世界に無数にある一般的なものの名前である
 ・連続したものの範囲であるとも言える
 ・より大きな別のものに従属したものとしてのみ存在する
 ・生命を持っている
 ・母体から切り離されると死ぬ
 ・母体に対してだいたい大きさの比率が決まっている
 ・母体の大きさによって絶対的な大きさはまちまちである
 ・人間にもある<=ここが尾と違う

これだと、「顔」も「胸」も「腹」も入る。
これは予定どおりだ。