イジハピ!

TwitterID:@query1000こと深沢千尋のブログです。
You're not like me so I like you ♡
さいきんブログの評判が意外と気になるようになってきました。
読んで気に入った人はTwitter、Facebook、コメントで反応ください!

2013年12月

【第500回】哲学を自作する<1>名詞の分類(21)胃と鵜と絵と尾と蚊と木と区と毛と差と死と酢と背と田と血と津と手と戸と名と荷と値と野の違い

Wilding Fields, Darwen Moor - geograph.org.uk - 217635
前回の続き。
日本語1音の名詞を分類する試みとして、前回「荷」を分析した。
続きを読む

【第499回】すぐわかる気がするPerl(8) エラーメッセージ %s() called too early to check prototype

一日ズレてしまったが、Perlのエラーメッセージのコーナー。
2週間に一度、水曜日は、Perlのエラーメッセージが表示される最小のプログラムを書いて、どういうときにどう怒られるかを研究する。
今回は
%s() called too early to check prototype
である。

これは例によって、

(主語S):%s()
(動詞V):(was)
(補語C):called too early to check prototype

というbe動詞が省かれた受動態の文で?

(主語S):%s()
(動詞V):は
(補語C):プロトタイプをチェックするには早すぎて呼ばれた

ということで、
%s()を呼び出すのが早すぎるので、プロトタイプのチェックができない
という訳になる。
続きを読む

【第498回】演劇企画フライウェイ公演『有明をわたる翼』を見た!

今日2013年12月18日、ザムザ阿佐谷で初日を迎えた演劇『有明をわたる翼』を見に行った。
去年から空前の観劇ブームで、あとザムザ阿佐谷にばっかり行っている。
去年から通算して3劇団5公演目である。

『有明をわたる翼』は諫早干拓事業が生態系に及ぼす影響と、それを巡る漁民の対立、そして哲学的な動物の世界を描いた舞台である。
演劇と科学のコラボレーションと言うべき内容であって、これまで見てきた寺山修司の不条理劇とはまったく違う、リアルでハードな舞台であった。
これはこれで非常に面白かった。

ありあけ

有明をわたる翼 | 演劇企画フライウェイ [演劇公演紹介] 演劇、ミュージカル等のクチコミ・チケット情報ポータル★CoRich 舞台芸術!

東京で諫早湾演劇「有明をわたる翼」を上演したい!(飯島明子) - READYFOR?
続きを読む

【第497回】書評『100%オーガニックフードを自分で育てる』

先日とあるセミナーで、寺尾朱織(てらお・かおり)さんという方と知り合った。
懇親会で近所の席だった。
彼女もぼくと同じ兼業ライターで、著書があるという話だったので、お話を聞いて盛り上がった。

続きを読む

【第496回】電子書籍はパブーがおすすめ

以前も紹介したが、マンガ家、青木光恵さんが全部のマンガを描いて、ご主人の小形<あの文字コードの>克弘さんが編集する電子旬刊誌『スマホでみつえちゃん』を愛読している。

上に張ったのは「カエレバ」で生成したAmazonのリンクなので、Kindle版が買えるが、実は他に、「電子書籍のパブー」というサイトからも買える。

続きを読む
livedoor プロフィール
THE BOOKS
New!













最新コメント
sponsored link
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: