イジハピ!

TwitterID:@query1000こと深沢千尋のブログです。
You're not like me so I like you ♡
さいきんブログの評判が意外と気になるようになってきました。
読んで気に入った人はTwitter、Facebook、コメントで反応ください!

2012年10月

【第203回】5分で分かるiPS細胞

読んだ。



dankogaiさんのブログで本書の紹介を読んで、すぐに読みたくて矢も盾もたまらなくなった。 続きを読む

【第192回】ぼくと睡眠時無呼吸症候群(20)最終回/まとめ

★スミマセン宣伝です(2015/10/10)★
ぼくの睡眠時無呼吸症候群、そしてCPAP個人輸入の体験を電子書籍にしました。


最初はブログをまとめれば本になるとたかをくくっていたのですが、結局ぜんぶ書き直しになりました。
本を書いていて思ったのが、過去のブログに書いたことは少しずつ記憶に誤りがあるということです。
本来ならばブログを1つ1つ訂正するか、ぜんぶ削除するところですが、それはこれからおいおいやっていきます。

睡眠時無呼吸症候群に悩んでおられる方なら、共感していただけ、役立てていただけるように本を書きました。
ぜひ読んでください。



闘病記の20。
今回で本連載は一応最終回とする。

※本稿は個人の病気に関する感想を主観的に綴ったもので、医学的、科学的な知見を与えるものではありません。ご自身の健康に関する問題は専門医を受診してください。

前回までのあらすじ


1)~41) は前回をご覧ください。なお睡眠時無呼吸症候群のことをSASと略記します。
42) なんかもう、通院するの精神的に限界になってきた
43) CPAPは個人輸入することが出来る
44) 値段は600ドル(円高だったので5万円)
45) CPAPの個人輸入にはメリットもデメリットもある
46) 通院中の病院では「個人輸入はサポートしない」という立場
47) 通院中の病院でのCPAPレンタルに3年の月日が経った
48) 3年経ったので、病院でのレンタル契約を更改し、貸している筐体を交換しろと言ってきた
49) 個人輸入に切り替えるなら今だ!と思った
50) CPAP.comというアメリカのサイトから直接個人輸入することにした
51) 医師の処方箋 (prescription) が必要ということなので、CPAPレンタル病院とは別の掛かりつけ内科医に頼んだ
52) 処方箋は数日を経て無事もらえた
53) ぼくはCPAP.comというサイトを使うことにした
54) 製品としてはフィリップス・レスピロニクス製品を買うことにした(以下はレスピロ機と略す)
55) レスピロ機の特徴はオートCPAP(呼吸が止まるのを感知して空気を強くする)が選べること、記録用メディアに民生用SDカードが使えること、エンコアという解析ソフトが使えること
56) 一緒にレスピロのネーザルピロー(鼻孔に入れるタイプの顔面アタッチメント。鼻まくら)も勝ってみた
57) 処方箋はオンラインでアップロードでき、カード決済で、オンラインですべての手続きが完了した
58) 運が悪ければ税関で「薬監」という書類が必要になるがぼくは求められなかった
59) 結局ものの数週間で機械を入手した
60) レスピロ機はA-PAPであること、エンコアが使えることがすばらしい
61) レスピロ機を使って、AHI指標が落ち着いていることが分かったので、レンタル機を返却する決意を固めた
62) 病院に行って「ちょっと田舎に帰ることになったので(嘘はついてない)いったん契約をお休みします」と言ってみた★ここから前回
63) 「帝人の提携している病院は全国にあるよ」と言い方をされたので、やはり帝人ファーマと病院のネットが提携しているようだ(記憶不鮮明)
64) 果たして、病院にCPAPを返した



病院にレンタルのCPAPを返した。
これからは個人輸入したCPAPを使って自己治療することとする。
そう決めたのが去年の8月のことだ。続きを読む

【第201回】シニア世代のメガネデビュー





数年前に、急に視力が落ちた。
もともとサルトル級の外斜視であって、両眼視が出来ていない。
常に片目に負荷を掛けているので、疲れ目もひどかったが、視力的に支障は感じなかった。
それが急に見えにくくなった。 続きを読む

【Opus 200】Origin of Kana (6) Usage Of KataKana Part 5



This is the continuation of the last article of the series: "Usage Of KataKana Part 4". 続きを読む

【第199回】吾は如何にして兼業作家となりし乎(18)笑いは必要か

連載の第18回。





本は二種類に分かれる。
冗談が書いてある本と書かれていない本である。 続きを読む
プロフィール

query1000

THE BOOKS
New!













最新コメント
sponsored link
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: