イジハピ!

TwitterID:@query1000こと深沢千尋のブログです。
You're not like me so I like you ♡
さいきんブログの評判が意外と気になるようになってきました。
読んで気に入った人はTwitter、Facebook、コメントで反応ください!

2012年08月

【第165回】BookPlace血風録

月曜日に書いた電子書籍端末選びの続き。



Sony Readerを挫折してヤフオクで売り払ったぼくは、もう少し画面が大きくてカラー液晶の東芝BookPlace DB50というのを買ってみた。
19000円。
7インチという絶妙なサイズで、デザインもおとなしく、値段もこなれているのでいいと思った。 続きを読む

【第164回】おなべでダイエット

今週から4がつく回(隔週水曜日)はiPhoneのコーナーをお休みしてダイエットについて実験報告する。

続きを読む

【第163回】なだ・いなだ賛

小さい頃「ちくま少年文学館」という児童文学の叢書を親が定期購読してくれた。
子供が言うのも変だが、うちの親は本当にこういうところがエライと思う。
子供の頃からこういう読み応えのある本を読んだおかげで、活字アレルギーにならず、ずいぶん人生が豊かになった。
心から感謝したい。



「ちくま少年文学館」の中で一番印象に残っているのが「なだ・いなだ」氏の「おっちょこちょ医」というユーモア文学である。 続きを読む

【第162回】ぼくと睡眠時無呼吸症候群(16)処方箋

★スミマセン宣伝です(2015/10/10)★
ぼくの睡眠時無呼吸症候群、そしてCPAP個人輸入の体験を電子書籍にしました。


最初はブログをまとめれば本になるとたかをくくっていたのですが、結局ぜんぶ書き直しになりました。
本を書いていて思ったのが、過去のブログに書いたことは少しずつ記憶に誤りがあるということです。
本来ならばブログを1つ1つ訂正するか、ぜんぶ削除するところですが、それはこれからおいおいやっていきます。

睡眠時無呼吸症候群に悩んでおられる方なら、共感していただけ、役立てていただけるように本を書きました。
ぜひ読んでください。



闘病記の16。

※本稿は個人の病気に関する感想を主観的に綴ったもので、医学的、科学的な知見を与えるものではありません。ご自身の健康に関する問題は専門医を受診してください。

前回までのあらすじ


1)~41) は前回をご覧ください。なお睡眠時無呼吸症候群のことをSASと略記します。
42) なんかもう、通院するの精神的に限界になってきた
43) CPAPは個人輸入することが出来る
44) 値段は600ドル(5万円)
45) CPAPの個人輸入にはメリットもデメリットもある★ここから前回
46) 通院中の病院では個人輸入は「サポートしない」という立場
47) 通院中の病院でのCPAPレンタルに3年の月日が経った



3年経って契約が切れた今、CPAPの個人輸入を試みることにした。続きを読む

【第161回】Sony Readerをあきらめた

先週の続き。



電子書籍リーダー、Sony Reader PRS-G1というのを買った。
軽さはすばらしいのだが、いかんせん字が小さすぎる。

まあ使って使えないことはない。
青空文庫だけ読んでいれば・・・とか自分をだましだまし使っていたのだが、やはり耐えられなくなってきた。
続きを読む
livedoor プロフィール
THE BOOKS
New!













最新コメント
sponsored link
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: